米子空港レンタカー料金比較・予約|鳥取【旅楽】

旅楽レンタカー

鳥取県の大手レンタカー会社のプランを一括料金比較して、簡単ネット予約!

  • トヨタレンタカー
  • ニッポンレンタカー
  • オリックスレンタカー
  • タイムズカーレンタカー
  • 日産レンタカー
  • バジェットレンタカー

旅楽が選ばれる3つのポイント

  • 新車登録の快適車両を提供する会社のみ掲載。
  • 全プラン免責補償料込みだから安心!
  • ネット予約限定のお得な格安プランをご紹介!
掲載レンタカー会社一覧

会社を指定して米子空港周辺のレンタカーを探す

各レンタカー会社の口コミ情報や営業情報、写真も充実!会社選びのご参考に!

米子空港周辺のレンタカー営業所一覧

住所
境港市佐斐神町1634
アクセス JR米子空港駅正面より徒歩5分程度 空港駐車場より出発(返却)可能。 ※お客様車両用 駐車スペースの提供はございません。
電話番号 0859456501
営業時間
    【通常】01月01日 ~ 12月31日
  • (月)08:00~20:00
  • (火)08:00~20:00
  • (水)08:00~20:00
  • (木)08:00~20:00
  • (金)08:00~20:00
  • (土)08:00~20:00
  • (日)08:00~20:00
  • (祝)08:00~20:00
定休日 年中無休
住所
境港市小篠津町21-4
アクセス 米子鬼太郎空港より北200m、JR米子空港駅より北西400m
電話番号 0859450115
営業時間
    【通常】01月01日 ~ 12月31日
  • (月)08:00~20:00
  • (火)08:00~20:00
  • (水)08:00~20:00
  • (木)08:00~20:00
  • (金)08:00~20:00
  • (土)08:00~20:00
  • (日)08:00~20:00
  • (祝)08:00~20:00
定休日
住所
鳥取県境港市小篠津町22
アクセス 空港ビル内レンタカーカウンターへお越しください。受付後、レンタカー駐車場まで送迎車にて送迎いたします。(約1~2分)
電話番号 0859460400
営業時間
    【通常】04月01日 ~ 03月31日
  • (月)08:00~20:00
  • (火)08:00~20:00
  • (水)08:00~20:00
  • (木)08:00~20:00
  • (金)08:00~20:00
  • (土)08:00~20:00
  • (日)08:00~20:00
  • (祝)08:00~20:00
定休日

米子空港

米子空港
鳥取県の北西部にある米子空港は、ゲゲゲの鬼太郎で知られる漫画家・水木しげる氏の出身地の境港市にあることから、米子鬼太郎空港の愛称でも親しまれています。同じく「鬼太郎駅」の愛称のあるJR境線の境港駅まで車で約10分、JR山陰本線の米子駅まで約25分。東京の羽田空港から片道およそ80分のフライトで到着する、山陰エリアの観光拠点です。空港のお土産物売り場では、鳥取県や山陰地方の名産品、境港名物の白イカやのどくろの加工品も販売しています。米子空港は美保自衛隊基地との共用空港でもあり、毎年5月に開催される航空祭は多くの人出で賑わいます。
境港へアクセスする場合、県道285号線を北上して約15分で到着します。境港駅前から本町アーケードの水木しげる記念館まで続く約800mの通りは、100体以上の妖怪ブロンズ像がずらりと勢ぞろい。散策の際は駅前駐車場や日の出駐車場など周辺の駐車場を活用しましょう。山陰地方で天守閣が唯一現存する松江城は国道431号線を経由して約40分、島根県を代表する名湯・玉造温泉は山陽自動車道を経由して約50分。周辺観光スポットへのアクセスも良好な米子空港周辺のレンタカーは、観光シーズンには台数も限られます。長期休暇に合わせたお出かけは、お早のご予約をオススメします。

米子空港周辺で人気のドライブスポット

美保神社
美保神社
美保造りと呼ばれる本殿を持つ「美保神社」は、えびす様の総本社です。境港駅より車で約20分、松江駅より車で約45分の位置にあり、鳥居前に数台、徒歩約5分の位置に30台ほどの駐車場があります。
美保神社の名前は、733年に編纂された『出雲国風土記』にも出てくることから、この時期にはすでにあったことがうかがえます。また、境内からは6世紀後半頃のものとされる儀式でお供えした土馬が発見されているため、古墳時代より前からこの場所でお祭り事が行われていたと推定されています。社殿は、1813年に再建されたものが現存。左殿にお祀りしているのが三穂津姫命、右殿にお祀りしているのがえびす様として知られる事代主神です。五穀豊穣、海上安全、歌舞音曲などのご利益があります。1月の歳旦祭に始まり、12月の膝餅神事まで年間を通して受け継がれてきた神事が行われています。
社殿から東に向かい、鳥居をくぐると美保関湾になっており、近くには美保関漁港や「朝獲れ鮮魚市場」など漁業にまつわる施設があります。美保神社周辺にある旅館で味わえるのは、地魚を中心とした海鮮料理です。美保神社から「仏谷寺」までの道は青石畳通りと呼ばれ、レトロな街並みが続きます。さらに、車で東に5分ほど進むと、見えてくるのは1898年に建てられた、石造りの「美保関灯台」です。広い駐車場と公衆トイレも完備。展望デッキに行く途中には与謝野鉄幹・晶子歌碑もあります。