鹿児島レンタカー比較・格安予約|乗り捨てOK|旅楽

旅楽レンタカー

鹿児島県の大手レンタカー会社のプランを一括料金比較して、簡単ネット予約!

  • トヨタレンタカー
  • ニッポンレンタカー
  • オリックスレンタカー
  • タイムズカーレンタカー
  • 日産レンタカー
  • バジェットレンタカー

旅楽が選ばれる3つのポイント

  • 新車登録の快適車両を提供する会社のみ掲載。
  • 全プラン免責補償料込みだから安心!
  • ネット予約限定のお得な格安プランをご紹介!
掲載レンタカー会社一覧

会社を指定して鹿児島県のレンタカーを探す

各レンタカー会社の口コミ情報や営業情報、写真も充実!会社選びのご参考に!

鹿児島県の空港近くのレンタカーを探す

鹿児島県の主要駅近くのレンタカーを探す

鹿児島県の主要エリアでレンタカーを探す

鹿児島県レンタカー 人気の出発場所

鹿児島空港

鹿児島空港

鹿児島県霧島市にある鹿児島空港は、東京、大阪、名古屋、福岡など国内主要都市と、屋久島や奄美大島、種子島など位鹿児島南部の周辺離島を結ぶ九州南部のアクセス拠点。空港の目の前には標高1,700mを誇る霧島山がそびえたち、空港の展望台から桜島を見ることができる景観豊かな空港です。
空港のある霧島エリアは九州でも屈指の温泉郷。空港の1Fにある天然温泉の足湯施設は無料で利用可能です。2Fにはお土産店が並び、銘菓・かるかんや特産品のさつまあげなど鹿児島の定番土産が購入できます。
約1,300台を収容する駐車場をはさみ、レンタカー各社の営業所が集まる鹿児島空港。JR鹿児島中央駅まで車で約40分、桜島フェリーターミナルは高速利用で約45分で到着します。天孫降臨神話で知られる霧島神宮や霧島温泉郷など周辺観光スポットも片道およそ40分。九州自動車道の溝辺鹿児島空港IC は空港から約1kmと近く、九州各地へのアクセスも良好です。
空港周辺のオススメスポットは、車で約10分の場所にある日帰り温泉、塩浸(しおびたし)温泉です。この温泉は、日本で初めて新婚旅行を行ったと言われている坂本龍馬と妻のおりょうが訪れた場所。また、この塩浸温泉を含む新川渓谷温泉郷の最寄り駅となるJR肥薩線の嘉例川(かれいがわ)駅は、明治36年に開業した木造駅舎を今に残した無人駅で、かつて昭和天皇が皇太子時代に訪れたこともある隠れた観光スポットになっています。ドライブの途中、立ち寄りで観光してみてはいかがでしょうか。
鹿児島中央駅

鹿児島中央駅

鹿児島県鹿児島市の中心に位置するJR九州の鹿児島中央駅は、山陽・九州新幹線と、鹿児島本線、指宿枕崎線の2つの在来線が乗り入れる鹿児島県のターミナル駅。2004年の九州新幹線開通と同時に改装され、県内各地のお土産を一堂に集めたショップ「えきマチ一丁目鹿児島」や、250ものショップが入った大規模な商業施設「アミュプラザ鹿児島」がオープン。交通の要所としてだけではなく、ショッピングに、グルメに、お土産探しにも人気のスポットです。市内を走る路面電車の鹿児島中央駅前電停も、改装を契機に東口駅前広場内に乗り入れました。
中央駅から人気の繁華街「天文館」までは車で約10分、桜島へ向かうフェリー乗り場まで、約15分で到着します。篤姫や西郷隆盛など、幕末から明治にかけて活躍した多くの偉人とゆかりのある鹿児島県。駅の東側には、西郷隆盛像や大久保利通像をはじめ、歴史博物館「維新ふるさと館」や、世界遺産に登録された尚古集成館(しょうこしゅうせいかん)など、歴史的な観光スポットが集まっています。駅周辺を散策するなら、JR鹿児島駅に併設された有料駐車場が便利です。駅直結のショッピングプラザを利用すると駐車料金が割引されるサービスもありますので、公式サイトで事前に確認してみましょう。
奄美空港

奄美空港

奄美大島は、年間およそ60万人の観光客が訪れる南国リゾート地。日本国内の離島の中でも沖縄本島に次いで3番目に大きな奄美大島の北側に位置する奄美空港は、徳之島や与論島、口永良部島、喜界島など周辺の離島へ向かうアクセス拠点です。鹿児島空港から約65分のフライトで到着し、東京、大阪、福岡、那覇から定期便が就航しています。東京の成田空港から格安のLCCも乗り入れ、奄美観光はますます身近になりました。
奄美の主要観光スポットといえば原生林の広がる島の南部。ですが奄美市の中心地となる名瀬以南は路線バスも限られるため、島を訪れる前にレンタカーを忘れずに予約しておきましょう。レンタカー会社の営業所は、空港から徒歩圏内にある県道82号線沿いに集まっています。ホテルや飲食店などが集まる奄美市(名瀬)までは空港から車で約60分。人気の観光スポット・マングローブパークまでは約70分で到着します。
奄美空港はお土産物売り場が充実しているので、飛行機の待ち時間のお土産探しにも便利です。奄美大島のお土産といえば、奄美の郷土菓子・船焼(ふにゃやき)をはじめ、黒糖カステラや黒糖せんべいなど特産品のサトウキビで作られた黒糖の加工品が定番。お酒好きな方には、日本国内で唯一奄美群島だけで造られている黒糖焼酎もオススメです。
屋久島空港

屋久島空港

屋久島空港は、樹齢2100年ともいわれる老樹・縄文杉で知られる屋久島の玄関口です。大阪国際空港(伊丹空港)、福岡空港、鹿児島空港から直行便が就航しています。
平成5年に世界自然遺産にも登録された屋久島には、島内および九州の最高峰・宮之浦岳を中心に壮大な自然が広がります。屋久杉が並ぶ森のトレッキング(山歩き)が屋久島観光の定番ですが、レンタカーを借りてのドライブもオススメです。空港から南北に延びる県道77・78号線沿いには、日本の滝百選にも選ばれた落差88mの名瀑・大川(おおこ)の滝をはじめ、千尋(せんぴろ)の滝、西部林道、横河(よっご)渓谷など絶景スポットが満載です!
レンタカー営業所は、空港から車で15分ほどの距離にある、島の中心部にあたる宮之浦や安房方面に集中しています。空港と営業所間の送迎も行っているので、ご予約の際、確認しておきましょう。3月から11月にかけては縄文杉への登山口である荒川登山口への車両乗り入れが禁止されています。ふもとの屋久杉自然館に車をとめて、登山バスに乗り換えましょう。バスチケットは、空港内の屋久島観光協会でも購入できます。
空港内の売店で、特産品のポンカンやタンカンでできたお菓子類や、漁獲量日本一を誇るトビウオの一夜干しとあごダシなど屋久島の定番土産はほとんど揃います。
種子島空港

種子島空港

コスモポート種子島の愛称で親しまれる種子島空港。鉄砲伝来の地として、ロケット発射基地を備えた宇宙開発基地として知られる種子島のアクセス拠点です。海水浴やマリンスポーツも楽しめる国内有数のサーフポイントとしても有名で、鹿児島空港から片道およそ40分で到着する定期便に加え、ハイシーズンには大阪国際空港(伊丹空港)から臨時便も運航しています。
種子島空港は島のほぼ中央にあります。島内には鉄道がないので、観光の際はレンタカーを予約しておきましょう。島の中心地となる西之表港のある市街地まで、空港から車でおよそ約30分です。周辺にはホテルやお店のほか、ダイビングやシュノーケルが楽しめる美しいビーチが広がっています。
島の主要な観光地は空港の南側に集中しています。天文12年(1543年)にポルトガルから鉄砲が伝来した種子島最南端の門倉岬は空港から車でおよそ50分。南蛮船をイメージした展望台から東シナ海と太平洋を一望できるビュースポットです。
南種子町の種子島宇宙センターや宇宙科学技術館は、空港の南西、約40分の距離にあります。国内最大規模のロケット発射場は事前の予約で実物のH-2ロケットや大型ロケット発射場の見学ツアーも実施しています。種子島特産の安納芋を使ったスイーツや加工品は空港内の売店で購入できます。宇宙開発にちなんだおみやげは種類が限られるため、宇宙センターで購入しておきましょう。