苫小牧駅 レンタカー比較・格安予約(北海道)|乗り捨てOK|旅楽

旅楽レンタカー

北海道の大手レンタカー会社のプランを一括料金比較して、簡単ネット予約!

  • トヨタレンタカー
  • ニッポンレンタカー
  • オリックスレンタカー
  • タイムズカーレンタカー
  • 日産レンタカー
  • バジェットレンタカー

旅楽が選ばれる3つのポイント

  • 新車登録の快適車両を提供する会社のみ掲載。
  • 全プラン免責補償料込みだから安心!
  • ネット予約限定のお得な格安プランをご紹介!
掲載レンタカー会社一覧

会社を指定して苫小牧駅周辺のレンタカーを探す

苫小牧駅周辺の営業所一覧

住所 苫小牧市表町5-6-16
アクセス JR苫小牧駅南口より徒歩4分程度 ※お客様車両用駐車スペースの提供はございません。
電話番号 0144327070
営業時間
    【通常】01月04日 ~ 12月30日
  • (月)08:00~19:00
  • (火)08:00~19:00
  • (水)08:00~19:00
  • (木)08:00~19:00
  • (金)08:00~19:00
  • (土)08:00~19:00
  • (日)08:00~19:00
  • (祝)08:00~19:00
    【特別(年末年始)】12月31日 ~ 01月03日
  • (月)09:00~18:00
  • (火)09:00~18:00
  • (水)09:00~18:00
  • (木)09:00~18:00
  • (金)09:00~18:00
  • (土)09:00~18:00
  • (日)09:00~18:00
  • (祝)09:00~18:00
定休日 年中無休
住所 苫小牧市表町6丁目4-3
アクセス 苫小牧駅南口出て右
電話番号 0144323435
営業時間
    【通常】01月01日 ~ 12月31日
  • (月)09:00~17:00
  • (火)09:00~17:00
  • (水)09:00~17:00
  • (木)09:00~17:00
  • (金)09:00~17:00
  • (土)09:00~17:00
  • (日)09:00~17:00
  • (祝)09:00~17:00
定休日

苫小牧駅

苫小牧駅
苫小牧駅は室蘭本線、日高本線、千歳線が乗り入れ、特急列車も停車する苫小牧市の中心駅です。千歳空港から車で約40分、また、名古屋、大洗、八戸への航路を持つ苫小牧西フェリーターミナルまでも約10分とアクセスも良好。苫小牧駅前通商店街、苫小牧駅通中心商店街など、駅周辺の商業地区一帯は「ハスカップタウン」と総称し、ホテルや飲食店をはじめ、さまざまな店舗が揃っています。
駅周辺には観光スポットも多数。徒歩5分ほどの「王子アカシア公園」には、山線の愛称で親しまれ、昭和26年に廃線となった王子軽便鉄道で使われた4号機関車と、大正10年に皇太子時代の昭和天皇が乗車した貴賓車が展示されています。無料の足湯施設が人気の「まちなか交流館」は徒歩8分ほどです。
また、市内を一望できる展望台を持つ「緑ヶ丘公園」(5分)、大型室内庭園「サンガーデン」や図書館、美術館などがある「市民文化公園」(5分)、旧ソ連の宇宙ステーション「ミール」を展示した「苫小牧科学センター」など、車で10分圏内にも見どころは多く、レンタカーを使って、それらの人気スポットを巡るのもオススメです。
さらに足を延ばせば、日本最大級のオートキャンプ場「アルテン」を持つ「錦大沼公園」、世界的に珍しい三重式活火山で、北海道の天然記念物に指定された溶岩円頂丘のある樽前山、ガン、カモ、白鳥など270種もの野鳥が飛来するウトナイ湖など自然に恵まれた観光スポットも。60分ほどのドライブで北海道の大自然を満喫!

苫小牧駅周辺で人気のドライブスポット

支笏湖
支笏湖
道央地方・千歳市に位置する支笏湖は、滋賀県の琵琶湖に次いで日本で2番目の貯水量を持つカルデラ湖です。最大水深は363メートルで日本で2番目の深さがあり、カルデラ湖としても「屈斜路湖」に次いで2番目の大きさです。何かと2番目な「支笏湖」ですが、日本で最北の不凍湖となっており、支笏洞爺国立公園に属しています。日本有数の透明度を誇る支笏湖には、特産品のヒメマスを使ったグルメである「チップ」や「苔の洞門」などの観光スポットがあり、カヤックなどのレジャーを楽しむ事もできる。
支笏湖ビジターセンターには、支笏湖の自然情報が集中しており、ここを見るだけでも支笏湖の基礎知識を自分のものにすることができます。入り口には支笏湖の動物のはく製や模型、大きな水槽には支笏湖のシンボル「ヒメマス」が出迎え、奥には支笏湖形成の歴史を学ぶ展示があります。
札幌市内から車で70分、新千歳空港からは約40分ほどの移動で北海道の大自然を堪能することができるため、レンタカーで移動する場合は少し遠回りをしてでも是非立ち寄りたい観光スポットです。公共交通機関を使う場合は、北海道中央バスが支笏湖と新千歳空港を結ぶ路線バスを運行しているので、そちらを利用するといいでしょう。
オコタンペ湖
オコタンペ湖
千歳市奥潭にある「オコタンペ湖」は、阿寒湖近くの「オンネトー」然別湖近くの「東雲湖」と並び、“北海道3大秘湖”と称される神秘の湖です。一帯はエゾマツ・トドマツなどの原生林に覆われていて、湖畔へ降りる細い道が1本あるほかは周辺には何もなありません。しかし、天候によって、あるときはエメラルドグリーン、またあるときはコバルトブルーといった具合に湖水の色が変わって見える景観は、それだけでも一見の価値があります。オコタンペ湖の西岸には高層湿原があり、貴重な動植物が生息していますが、湖全域が支笏洞爺国立公園の特別指定保護区であり一般の立ち入りは禁止されています。付近に立ち入り可能な展望台が設置されており、そこからオコタンペ湖の神秘的な様子を観覧することができます。
オコタンペ湖は、千歳駅から車で65分ほどの位置にあります。集中豪雨による土砂崩れのため、アクセス道路である道道78号が長期にわたって通行止めとなっていましたが、国道453号から展望台までの区間については2017年5月に復旧工事が終わり、通行できるようになりました。通行止め解除に伴い、展望台まで行けるようになり、展望台付近にある駐車場も今では利用可能となっています。