青森レンタカー料金比較・予約|乗り捨て可【旅楽】

旅楽レンタカー

青森県の大手レンタカー会社のプランを一括料金比較して、簡単ネット予約!

  • トヨタレンタカー
  • ニッポンレンタカー
  • オリックスレンタカー
  • タイムズカーレンタカー
  • 日産レンタカー
  • バジェットレンタカー

旅楽が選ばれる3つのポイント

  • 新車登録の快適車両を提供する会社のみ掲載。
  • 全プラン免責補償料込みだから安心!
  • ネット予約限定のお得な格安プランをご紹介!
掲載レンタカー会社一覧

会社を指定して青森県のレンタカーを探す

各レンタカー会社の口コミ情報や営業情報、写真も充実!会社選びのご参考に!

青森県の空港近くのレンタカーを探す

青森県の主要駅近くのレンタカーを探す

青森県の主要エリアでレンタカーを探す

青森県レンタカー 人気の出発場所

青森空港

青森空港

青森空港は青森県青森市にある、地方管理空港です。青森市中心部から車で35分ほどの位置にある、本州最北端の空港です。現在はJAL・ANAのフジドリームエアラインズが就航しており、新千歳空港・羽田空港・大阪空港・名古屋飛行場との路線があります。また、青森空港からは国際線も就航しており、韓国のソウルと中国の天津へ1日1便発着しています。
空港からは青森駅までバスで約35分、弘前駅まで約1時間ほどで行くことができ、旅客ターミナル内にはレンタカーも複数入っているので車を借りることもできます。ターミナルの2階には売店やレストランもいくつかあるので、お土産を買ったり、青森の名物を楽しんだりすることもできます。
青森市の人気観光スポットであり、日本百名山の一つである「八甲田山」へは市街地へ向かうよりも青森空港の方が近い位置にあります。八甲田山が目的であれば青森駅を目指すよりも、青森空港でレンタカーを借りた方が時間の短縮になるのでオススメです。有料道路を使わなくとも約30分で到着します。ただし、青森空港から八甲田山ロープウェー駅へ行くバスは運行していないので、バスを利用する場合には一度青森駅を目指す必要があります。
新青森駅

新青森駅

新青森駅は、青森県青森市にある東日本旅客鉄道(JR東日本)及び北海道旅客鉄道(JR北海道)の駅です。青森県の県庁所在地・青森市の新幹線における玄関口であり、新青森駅が開業した2010年12月4日から北海道新幹線開業前日の2016年3月25日までは日本最北端の新幹線の駅でした。ちなみに、JR北海道の駅としては新青森駅が最南端の駅。なお、東北6県の県庁所在地では唯一、代表駅と新幹線駅が別となっています。
新青森駅は青森市街地から西に3kmほど離れた石江地区に位置し、青森市の代表駅である青森駅へは1駅の距離にあります。青森駅へは、特急列車の普通車自由席に乗車する場合に限って、特急料金が不要となる特例が設けられています。
駅構内の東西連絡口には「あおもり旬味館」という駅ナカ商業施設があり、現在は19の店舗が軒を並べています。他にはコンビニエンスストアや、駅弁屋、駅レンタカーなどが駅構内にあり、新幹線や寝台列車利用者で賑わっています。駅構内の駅レンタカー以外にも、東正面口にはレンタカーステーションがあり、5つのレンタカー屋で車を借りることが可能になっています。また、東口と南口にはバス停があり、市営バスやJRバス東北といった複数の路線バスが新青森駅で発着しています。
青森駅

青森駅

青森駅は青森県青森市柳川にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)及び青い森鉄道の駅です。青森県の県庁所在地である青森市の中心駅で、「北海道との連絡口としての役割から、三内丸山遺跡や世界遺産白神山地への玄関口とその機能は変貌を遂げる駅」として、東北の駅百選に選定されています。以前は、東京から伸びる鉄道幹線である東北本線および奥羽本線の終着駅であり青函連絡船との乗換駅でした。3面6線を有する地上駅で、1・2番線に青い森鉄道線、2 - 6番線に奥羽本線、4・6番線に津軽線の列車が発着しています。
駅前にはラビナという駅ビルがあり、飲食店やファッションブランドなど複数のお店で賑わっています。その他にも、青森駅周辺には宿泊施設や行政機関なども多くあり青森市の中心的な市街地を形成しています。また、青森駅から伸びる新町通りでは、毎年ゴールデンウィークに「AOMORI春フェスティバル」が開催されています。
青森駅からは多くのバスが運行しており、市営バスのような路線バスの他に、高速バスの発着も行われています。青森空港までは車で30分程度の距離にあり、JRバス東北が運行している空港連絡バスに乗れば約35分で到着することができます。
三沢空港

三沢空港

三沢空港は青森県三沢市にある飛行場で、航空自衛隊とアメリカ空軍も使用する軍民共用の飛行場です。青森県の太平洋岸東南部にある三沢市の市街地の外れ、市域のほぼ中央に位置し青森県東部の玄関口となる空港であり、また本州の空港としては最東端に位置しています。JALが就航しており、三沢空港から羽田空港・伊丹空港・札幌飛行場への路線を運行しています。空港内にはレストランや売店があり、わかさぎトバやひめますトバをはじめとする地場産品のお土産を購入することができます。
空路の交通拠点としてはもちろん、三沢空港は人気のイベントが開催される場所として有名です。毎年初秋の9月頃には航空祭が開催されており、三沢基地所属機による展示飛行、「ブルーインパルス」の展示飛行の他に、他基地からの外来機の地上展示、各種イベント等が実施され、多くの観光客で賑わいます。
三沢空港からは、三沢駅へ向かうバスのほかに、八戸市内へ向かうバスも運行されています。空港には複数のレンタカー屋もあり、ここから車で青森観光をすることもでき、八戸市内までの所要時間は1時間程度です。
空港のすぐそばには「県立三沢航空科学館」があり、日本最大級の航空科学博物館として、青森県が航空史に果たしてきた役割を広く全国に情報発信しています。