レンタカー料金比較・格安予約|旅楽

旅楽レンタカー

全国の大手レンタカー会社のプランを一括料金比較して、簡単ネット予約!

  • トヨタレンタカー
  • ニッポンレンタカー
  • オリックスレンタカー
  • タイムズカーレンタカー
  • 日産レンタカー
  • バジェットレンタカー

旅楽が選ばれる3つのポイント

  • 新車登録の快適車両を提供する会社のみ掲載。
  • 全プラン免責補償料込みだから安心!
  • ネット予約限定のお得な格安プランをご紹介!

全国のレンタカーを探す

  • 都道府県
  • 主要空港
  • 主要駅
  • 主要市区町村
北海道
東北
関東
甲信越
東海
北陸
近畿
中国
四国
九州
沖縄
北海道
東北
関東
甲信越
東海
北陸
近畿
中国
九州
沖縄
北海道
東北
関東
甲信越
東海
北陸
近畿
中国
四国
九州
沖縄
北海道
東北
関東
甲信越
北陸
東海
近畿
中国
四国
九州
沖縄

旅楽とは

沖楽

沖縄に特化した観光ポータルサイト『沖楽(おきらく)』を運営している株式会社SEECが、2018年4月にスタートさせたレンタカー予約ポータルサイトです。全国の大手レンタカー会社のネット予約限定でお得な格安プランを一括料金比較して、簡単に予約することができます。

レンタカーまめ知識(レンタカーを初めて借りる初心者の方へ)

車種/クラスとは?

「車種」とは、ヴィッツやデミオ、フィット、アクア、プリウスなど具体的な車の種類を示します。車には様々な車種がありますが、レンタカー事業者は車の排気量やサイズによって、取り扱い車種を「クラス」分けして、クラスごとに料金設定を行っています。(例えば、ヴィッツとフィットは同じSクラスで同料金など)通常、レンタカーを借りる際、車種の指定はできません。あくまで希望のクラスを予約するため、貸出当日まで車種はわかりません。

※当サイト掲載のプランでは、タイトルに「車種確約」と明記されたプランにつきましては、タイトルに表記されている車種の予約が可能ですが、それ以外のプランにつきましては、原則車種指定不可となります。

返却時は必ず「ガソリン満タン返却」

レンタカーの返却時には、ガソリンを満タンにする必要があります。レンタカーを借りる際に、返却営業所近くのガソリンスタンドの場所を確認しておくとよいでしょう。また、満タンにした証として給油の際のレシートも必ず取っておきましょう。
ただし、返却営業所によっては、営業所内でガソリンを給油できる設備があり、返却時に満タンにした分のガソリン代を精算することができる場合もございます。あらかじめ確認しておくと安心です。

※当サイト掲載のプランでは、タイトルに「ガソリン満タン返し不要」と明記されたプランにつきましては、ガソリン満タン返却が不要です。また、オプションで追加料金を支払うことでガソリン満タン返却が不要になるプランもございます。それ以外のプランにつきましては、原則ガソリン満タン返却が必須となりますので、あらかじめご了承ください。

乗り捨て(ワンウェイ)とは?

レンタカーを借りた営業所とは別の営業所に返却することができるサービスを「乗り捨て」または「ワンウェイ」と呼びます。(例:函館空港店でレンタカーを借りて、新千歳空港店で返却)
貸出営業所と返却営業所の距離によっては、「乗り捨て料金」が別途加算されますが、拠点数の多い大手レンタカー事業者を利用すると、バスや電車での移動だと不便な区間も楽に移動できる場合も多いので、大人数での長距離移動やご年配の方や小さなお子様連れの旅行などの際には、レンタカーの乗り捨て利用もご検討おすすめいたします。

免責補償・NOC補償とは?レンタカーの保険・補償について

レンタカーの保険・補償内容を理解するためには、「免責補償制度」と「NOC(ノン・オペレーション・チャージ)補償制度」の2つの制度を理解する必要があります。
万が一お客様が事故を起こしてしまった場合、対人・対物・レンタカー車両自体の損害の他に、レンタカー事業者が車の修理中、他のお客様へ貸出できなくなるための営業損失の2種類の損害・損失が発生します。
対人・対物・レンタカー車両等に損害が発生しても保険適用内でお客様負担額が免除される制度を「免責補償制度」といいます。ただし、免責補償に加入した場合でもレンタカー事業者の営業損失分の支払いを免れるものではありません。営業損失分は、各社が別途定めたNOC(ノン・オペレーション・チャージ)と呼ばれる一定金額をお客様が負担する必要があります。(例:予定営業所へ自走して返却した場合 20,000円、自走不可または予定営業所へ返却不可だった場合 50,000円+レッカー代 等)追加料金を支払うことで、このNOCの支払いも免除される制度を「NOC補償制度」といいます。

※当サイトに掲載しているプランは全て免責補償込みとなります。NOC補償については、補償制度自体設けていない事業者もございますので、あらかじめご確認ください。

暦日制(日泊制)料金・時間制料金とは?

【暦日制(日泊制)】
「暦日制」料金は、店舗の営業時間を1日として計算し、出発時間や返却時間に関係なくレンタカーを借りた日にち(日帰り/1泊2日/2泊3日/3泊4日・・・)により1日分の料金が加算される計算となります。
【時間制】
「時間制」料金は、レンタカーを借りた利用時間の長さ(6時間/12時間/24時間/48時間・・・)によって定められた料金を加算する計算となります。

レンタカーの選び方

普段、車を利用されない方がレンタカーを予約する際に最も多いトラブルが、現地に着いてはじめて荷物が入らないことに気づくという事象です。
例えば、4、5人での旅行でそれぞれキャリーバッグがあるのに5人乗りの車を予約してしまう。7人乗りの車両に7名で予約してしまうなどです。
実際、5人乗りの車両のラゲッジスペースはキャリーバッグ中サイズが2つ入るかどうか、7人乗りの車両に7名で乗車してしまうとラゲッジスペースはほとんどなく、キャリーバッグ中サイズ1つ入るかどうかの大きさです。
レンタカーでの長距離移動を楽しむためにも、荷物量も考えて、ゆったりくつろげる大きめの車両のご予約をおすすめいたします。